ロゴ

便利なシステムを活用

会社での従業員の働きをサポートするサービスが増えてきました。スケジュール管理、社内連絡、経費・交通費精算など、デジタル化されたサービスを利用することで、時間の短縮と仕事の効率が一気に向上します。

交通費精算システムの使用VS自身で精算

自分で交通費を精算するのは手間が掛かる

自分で交通費を精算する場合、毎度利用した交通費を伝票に記録しておき、上司の承認も得て、毎月の交通費を精算しなければなりませんが、その手間と時間はとても面倒です。

交通費精算システム利用で省力化

交通費精算システムを利用すると、ICカードの読み取りまで可能ですから、データ入力が簡単になり、また承認もサーバを介して行われ、毎月の集計を自動で行ってくれますから、貴重な時間の節約と省力化に繋がります。

自社に適したシステムを導入しよう

企業・会社向けの効率化システムには、様々な種類があり、大規模向けから小規模向けまで用意されています。システムが大きくなれば利用料もアップしますから、自社に最適なシステムでコストパフォーマンスが良いものを導入しましょう。

業務の効率化が図れる便利なシステム

女性

チャットシステム

社内での簡単な情報伝達に使えるチャットシステムは、スマホのLINEと似たようなもので、PC・タブレット・スマホを使いながら、手軽に個人間・グループ間の連絡・連携が取れます。

スケジュール管理システム

クラウドを利用したスケジュール管理システムなら、社内全員のスケジュール管理がソフトで一元的に行え、社外にいても全社員のスケジュール管理が可能なので、業務の効率化に繋がります。

経費精算システム

経理が利用出来る経費精算システムは、社員が個別に経費を入力し、経理が承認と管理を行い、自社の経費を一括して把握管理できます。交通費精算システムもその一部に相当します。

サイネージシステム

サイネージは電光パネルに各種情報を表示するシステムです。市役所や病院などでもよく見かけますが、社員向けと言うよりも顧客向けにより一層の効果が発揮されます。

ファイル共有システム

書類をいかに効率良く作成・保管するかは大きな課題ですが、ファイル共有システムを導入すると、デジタル化された書類などの作成・閲覧・修正・保管が容易で、飛躍的な省力化が実現されます。

交通費精算システムで業務の短縮化を図ろう【便利なシステムを駆使】

会社

機能面や料金をチェックして導入を検討しよう

システムの機能などは、事前に無料で模擬運用が行えますので、システム担当者は十分機能を把握して、自社に最適かどうかをチェックします。無駄な機能を導入すると、コストばかりが嵩み、対費用効果が出ないこともあります。機能と料金を考慮して、コスパが良くて最大限の効率アップが図れるように検討しましょう。

PC操作

失敗しないシステムの導入方法

依頼する前に、システム担当者のみではなく社内利用者のコンセンサスを取っておくべきです。実際に利用し始めたら、「使いにくい」「業務に不適」などの問題が発生する可能性があるからです。正式導入前に試験運用を行い、導入に伴う業務の見直し、利用体制などを準備しておきましょう。また、万一のためのサポート体制の強化として、システムの保守契約を行っていると安心です。