ロゴ
HOME>アーカイブ>従業員のやる気も上がる!タレントマネジメントシステムのススメ

システムで会社経営を良くする

会社経営を良くするためのシステム導入では、仕事効率化のアップと省力化、さらにコスト削減が図れることで、無駄を省いた経営改善が期待できます。社員の働きの可視化も可能で、社員一人ひとりが経営者が策定した戦略にあわせて行動できるようになります。

タレントマネジメントシステムのメリットと得られる効果

照明

企業側のメリットー適切な人材が配置できる

企業側がタレントマネジメントを用いることで、会社の経営戦略にマッチした人事計画や育成が可能で、限られた人員から能力に即した地位を与えられ、新規事業やプロジェクトにおいても適切な人事配置ができます。また、各人の客観的データが蓄積されて公正な評価に繋がります。

雇用者側のメリットーモチベーションの高揚

雇用者側である社員には、自分のモチベーションの高揚に繋がり、自分の能力を存分に活かせる職場と感じられるでしょう。従来の年功序列式とは異なり、能力のある社員は若いうちから自分の才能を破棄でき、そこからさらに独創的な思考や行動が生まれ、企業経営の大きな戦力に寄与できるので、報酬アップも期待できます。

雇用者側のメリットー幹部社員への道

社員も自分の能力が認められて昇進していくと、患部社員として経営の一翼を担うようになります。従来式の年功序列では、昇進するのも年齢を重ねなければなりませんでしたが、タレントマネジメントシステムでは能力が一番に評価されるため、年齢に制限されずにプロジェクトリーダーになる事も可能です。

従業員のやる気も上がる!タレントマネジメントシステムのススメ

審査

タレントマネジメントを導入する際に覚えてほしいこと

タレントマネジメントは組織全体で取組まなければ成果がでません。人材育成(社員全員向け)と同義に理解されがちですが、これは間違いです。タレントマネジメントの対象は、会社の牽引役となるタレント(ポテンシャルある人材)を育てることで、リーダーシップと能力を開花させる場を提供します。従来の長期雇用と年功的な昇進・昇給を前提とした日本の人事システムとは異なります。タレントのある者に高いモチベーションを与え将来のリーダー候補に育てます。